食事の陰陽

体を冷やしやすい食事、温める食事というのを
聞いたことはありますか?

そんなにこだわる必要はないのですが
冷え症なのに
朝はトーストにヨーグルトと果物、あとはコーヒー
と言われるとちょっと考えてしまいます

コーヒーは熱帯で取れるものでカフェインも強いので
体を冷やすと認識しています

朝に一杯とかならまあ影響は少ないでしょうけど
1日に4~5杯飲むとなると減らしていただきたいなと

果物も南国のもの、ウリ科のものは体を冷やします

ヨーグルトは物理的に冷たい
どろっとしていて対流が起きない(温まりにくい)
等が冷やす要因ではと思います
胃が冷えやすい人は冷蔵庫から出してすぐに食べないように
室温程度になじませて食べたいです

そろそろ夏場の食べ物から
体を温めやすい根菜類に切り替えていきたいですね

体質によっても食べたくなる物は違います
陽が強い人は冷える食事でバランスを取っていたりします
その人に体を温める食事ばかりを食べさせたら
もしかしたら具合が悪くなってしまうかも知れません

つまり体のバランスが崩れたと感じたら
見直してみてはどうでしょうか?
ということです

なんでこんなことを突然言い出したかと言うと
TVで体内の酵素を調べている世界的に有名な化学者の方が
体内の酵素は数千種類あって、素晴らしいバランスを保っている
まだまだわからない事がたくさんあって
それを調べるのにあと100年くらいはかかるのでは?
とおっしゃっていました

酵素の働きで食べたものを分解して必要な物質を作っているんだそうです

なるほど、人体はすごいな~と感心しました

ただ、だから好きなものを何でも食べていいんですよ
という発言はちょっと・・・

東洋医学的観点からは容認できないなと思います

そもそも酵素だけであと100年は解明できないはずでは・・・

私は、体の事はまだまだ解らない
という視点は持ち続けていきたいと思っています

酵素のお話を聞いて
健康で過ごせているうちはあまり極端に食品を選ばないで良いんだなと
解釈しました
おいしい物をほどほどに頂きます(^^)

体調を崩した時は食事を見直してみてもいいかも知れませんね

スポンサーサイト
プロフィール
やまむろはりきゅう院の院長です!蕨市で鍼灸院をやっています。応援よろしくお願いします。

やまむろはりきゅう

Author:やまむろはりきゅう
鍼灸に関連したことも、そうじゃないことも書いてます。アレコレ読んでみて下さい!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード